札幌のクリニックは刺青除去の治療が安いので満足しました

蝶々の刺青を彫っていた

キャバクラで働いていたときに付き合っていた彼氏に誘われて、背中に3cmくらいの蝶々の刺青を彫ったことがありました。
彼氏とお揃いであったことや、当時人気の歌手が刺青をしていたこともあり、特に抵抗感を感じることもありませんでした。
水着やチューブトップの洋服を着たときには目立ちますが、小さな刺青なので普段は目立たないと思っていました。
その後、キャバクラを辞めて一般の会社で事務員として働き始めましたが、そこで知り合った男性と付き合うようになりました。
今まで付き合った男性とは正反対の、真面目で優しい性格に惹かれて、この人と結婚できたらいいなと思うようになりました。
そんな彼と部屋でテレビを見ながら楽しく雑談をしていたとき、テレビからタトゥーや刺青を入れて後悔している女性のドキュメンタリーが流れてきました。
その映像を見た彼氏は、身体をわざわざ自分から傷つけるなんて自分には考えられないと何気なく言いました。
それを聞いて、もし彼は自分の刺青を見たら幻滅するのではないかと怖くなりました。

蝶々の刺青を彫っていた札幌のクリニックで相談レーザー治療を選んだ